返回列表 回復 發帖

心が躊躇、雷は深呼吸をした

人生は夢ですが、雷のような目を閉じた。
脳はすぐに無数のスクリーン、いくつかの明確な、いくつかのあいまいな、注いメモリ洪水のセクション、私たちの心に非常に明確に、それぞれの画面には若い女性を持っていることを念頭に置いていくつかの壊れた、いくつかのベアリング、数千人をHuanchu 生まれ変わりの時間は、彼女はまだ、すべてを維持直面しています。
プロジェクトがスケジュール通りにあり、結果は、お祝いの喜​​びに浸全社同じまま、スタッフが素敵なボーナスだった。 唯一の少数の人々は沈黙、孤独な把握。
彼らのプロジェクトが再び失敗し、ほとんど同じ、重要な瞬間、コアの描画肯定開示、同社の行動は、明らかにお互いを知っている。
彼らはため息、外観は誰も、少数の人々は熟考するために公開されていない雷のような位置に属している必要があります。
5つ星ホテル。
エレベーターに乗って雷のような、ゆっくりと心が、そのようなシーンはとても類似しており、即時の、不安と不安の跡を見せているその日に、彼はエレベーターに乗っているが、最終的な結果悲痛被災、上昇した,クロエ財布
最終的には魂をシールド、私の認識を単離することができ、実際にどのような場合には、最終的に錯覚はスペースを通って本当に、本当に地球に帰還されるか、?
章XXVIII小さな三脚
、唯一のその部屋は奇妙な物質、雷のような魂の探査過去巨大ホテルと思われる、謎に遭遇したように、透けて見える、内外未満の自然知覚を入力することができませんブロックされます。
地球は、そのような奇妙な場所を持つことが、魂は非常に奇妙な、神のように雷の近くに遮蔽することができる。
これは、雷のような、ここで最終的に彼らの夢はあるか、彼が戻って大事に地球、背中を通って、時間と空間を介して実際にある、非現実感を作り出すことができます...
彼が判断することはできません。
魂が実際に雷のような押しにボタンを独特の誘導..エレベーターに足を生産エキゾチックな魅力的と思われるものあり、心はさざ波の波、光のおびえた目の微光を受けています,ニクソンの時計
エレベーターはゆっくりと足裏浮遊雷見て、混乱し心の波で上昇,戦場、多くの兵士たちが音の下にあります
に特に精通しているような状況では、メモリのように、彼はまたので、一度、彼は心臓や肝臓分裂させている、しかし、床にエレベーターを取りました、あなたはむしろ死ぬと思います。 今、私は彼が可能性の夢を知っているか、時間と空間を通して、どのようにしないのですか?
心が躊躇、雷は深呼吸をした。
かむ!
清翔を与えた、エレベーターが停止し、金属製のドアが華やかに囲まれたこの層広いチャネルを、明らかにするために開く、甘い笑顔を露出したビジネススーツに身を包んだいくつかの美しいウェイターがあります。
わずかに顔をしかめ、雷のような深呼吸、脚はこのステップの下でステップアウト、彼の心は穏やかです。
魂に沿って牽引、雷が見上げると、私が見て、すぐに自分の魂を遮蔽することができる部屋を見つけた端が、ここでの本当のまたは非現実的である場合、次のいくつかの美しいウェイターも、通路でのモニターを持っている 、雷のフロア全体をカバーして洪水の体を介して、単に、彼の巨大な身体の魂を教えていない。
別に少数アテンダントは眠気、混乱して感じるだろうし、まもなく過去に眠っている、地面に落ちた。
と制御室、絵がストールとなっており、慎重にいくつかを見て、この絵は いつも、少しでも動きはない
返回列表